【脱党支援センター 麻倉静香訳乃木晃編集2020年5月22日】

【ペストと中国共産党】
 新コロナウイルスの流行が悪化し続ける中、イタリアは5月3日まで閉鎖を延長した。 
 3月5日のバチカン聖地での中国共産党のウイルス(一般に武漢ウイルスおよび新コロナウイルス)が最初に確認されて以来、合計9人が感染された。  

 なぜこの小さなバチカンが肺炎の流行に陥ったのか?
 その一因であろう、バチカンが聖書の教えに背を向け、中国共産党に近づいた経緯を一緒に考えてみよう。 

 バチカンの人口は約830人。4月21日の時点でバチカンではローマのアンジェロ・デ・ドナティス枢機卿を含む中共ウイルスの9症例を確認しており、感染率は1%を超えている。
 3月27日の夜、教皇フランシスは、1人サンピエトロ広場に立ち祈った:私たちは恐怖に陥り混乱しましたと。
 このショットはインターネットを通じ、世界中のカトリック信者に広まりました。カトリック教会の最高権力者である聖所の本拠地のバチカンは、なぜ中共ウイルスに打ちのめされたのだろうか?
 旅の時事コメンテーター、ティアン・ユアンは、ローマ帝国によって迫害されたキリスト教徒は、古代ローマで歴史的な大疫病が発生したとき疫病にかかる者は少なかったと言う。なんとローマ帝国の感染者はキリスト教を信じていない人々だったのだ。
 しかし、今日のバチカンは、当時とは全く対照的に見事に中共ウイルスに完全に捕らわれてしまったのだ。 旅の時事コメンテータのティアン・ユアンは、「なぜそんなに違うのか? 私が思うに、それはバチカンと中国共産党の取引と共謀が最大の原因なのではないかと考えている」。  

 1958年の武漢の聖職者自選事件以来、サンスクリットと中国共産党の関係は60年間決裂していた。 バチカンは、頑なに中国共産党が自らが選定した、いわゆる「中国カトリック」の司教を認めなかった。が しかしここ数年で状況は変化し始めている。 
 2018年、中国・サンスクリットは司教の任命に関する暫定合意に署名した。 そしてその後のバチカンは、中国共産党が法に基づかず選定する司教を譲歩し認めた。 これは60年間のバチカンの歴史で初めての事である。 バチカンの共産主義勢力に強く批判的な香港の元司教である陳理君は、中国共産党に完全に降伏したとして教廷を批判し、中国共産党の人権迫害について沈黙してはならないと語った。  

 ティアン・ユアンは、「もともと教廷は神に代わって司教を任命するものだが、しかし現在の司教は中国共産党によって任命された。バチカンは中国共産党が任命した司教をどのように認めることにしたのか。 これは完全に水と油の様に全く交わらない不合理な決定である」と言った。 

 BBCは、バチカンと中国共産党の合意の1つの考慮事項は、中国のキリスト教信者が将来爆発的な成長を示すかもしれないことである、と述べている。 中国の宗教市場に参入するためには、バチカンは中国共産党と良好な関係を築かなければならないと報道している。

 実際、2016年の新年、フランシスのスピーチは世界の人々を驚かせた。何故なら、中国共産党を賞賛することに加えて彼は、人権と中国共産党によるカトリックへの迫害について一切言及しなかったのである。 

 これに先立ち、聖なる代表団は2015年10月に北京を訪問した。 そしてその後2019年、香港における反中運動についてもバチカンは、沈黙を選び中国政府には殆んど何も話していないのである。

 昨年6月にローマに飛んで教皇に陳情したが、5ヶ月後バチカンは香港の人々の抗議や中国共産党による人権侵害について、やはり何の声明も出さなかったのである。 
 ティアン・ユアンは、 「残念ながら、バチカンは香港の人々の英雄的な反抗好意を支持するどころか、彼は中国共産党当局と香港政府を支持するかのような発言をしたのである。 これは現在のバチカンが自由、民主主義、法治のこの側面に、もはや立っていないという証明であり、中国共産党との交流関係を確立するため、中国共産党が操ることができる操り人形に変わってしまった事を意味する。そしてバチカンの中国共産党への妥協はそれだけではない。

  2017年2月、法輪功に対する迫害を追及する国際機関は、バチカン法王科学アカデミーが予定している「臓器販売に反対するサミット」を開催し、中国の臓器摘出に重大な関与を疑われる黄潔夫博士と王海波医師をゲストとして招聘し、中国共産党の罪を洗い流したとした。 

 黄潔夫は後にフェニックス衛星テレビとのインタビューで、法王科学アカデミーが招待した12名の複数の国家の医学倫理専門家の抵抗を受け、バチカンは中国共産党の臓器を浄化する場所にするのを止めるよう、強い抵抗を受けたと伝えた。 黄潔夫はまた、教皇のマルセロ・サンシェズ・ソロンドと教皇の支持について記者に語ったことを暴露した。 
 ソロンドはバチカンに黄を歓迎するだけでなく、中国への招待を楽しみにしていたが、 彼の望みはすぐに叶えられ、その後のメディアとのインタビューで彼は中国共産党を賞賛し、中国共産党の違法な臓器移植を正しいものとした。

 ティアン・ユアンは、「バチカンは、中国で良心の囚人を処刑し、臓器を摘出する上で大きな過ちを犯した。 紀元前の大疫病の中でキリスト教徒はほとんど生き残ったが、しかし現在の中共ウイルスでバチカンは陥落し、昔とは全く異なった結果になった」 中共とバチカンは1951年に断交した。
 学者は、これらのメッセージは、中国とサンスクリットの外交関係の可能性の高まりを反映していると分析している。教皇フランシスコの公の秘密は、彼が中国を訪問するのを切望しているということです。 ここ数年、フランシスコは北京にオリーブの枝を何度も送り、中国を訪問する意思を表明している。

 これは今後、2018年にサンスクリットの司教任命に関する合意書に署名した後、聖見の次の目標でもあるのかもしれない。2014年8月、フランシスコは中国の空域を飛び越えた際、バチカンが中国共産党にいつでも門戸を開くと同行メディアに語った。「もしできるなら、明日にでも出発する」 今回の新コロナウイルスの流行の最中、中国共産党の隠蔽と遅延によって世界中が大きな影響を受けている。   
 しかし教皇フランシスコは、中国共産党肺炎(通称武漢肺炎、新冠肺炎)を抑制したとして、中国共産党の多大な努力を公に賞賛した。そしてバチカンのギャラガー大司教は、2月ドイツ・ミュンヘンで中国共産党の王毅外相とも会談した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です