古代中国には、「頭上三尺に神あり」という言い方があります。人間世界は異なる次元の神々に見守られているため、神を侮辱する人間がいれば、すぐに応報がやってくるのです。

天を侮辱した王

殷王朝第27代目の王・武乙(ぶおつ)は傲慢で冷酷だった。臣下たちは、天を敬い、神の前に謙遜するよう忠告したが、彼はまったく耳を貸さなかった。代わりに、彼は人形を作らせ、それを「天神」と呼んだ。

彼は人形と碁を打つことを好んだ。臣下は人形の代わりに碁の相手をし、わざと負けて武乙の機嫌を取った。すると、武乙は嬉しそうに「天神」を罵った。

また、武乙は血がいっぱい入った革袋を空中にぶらさげ、「天を射る」と言って矢を放ち、天を侮辱した。

ある日、武乙は黄河と渭水の間で狩猟をしていた。空が突然暗くなり、雷が落ちて彼は即死したという。

参考:明慧ネット

(大紀元日本ウェブ編集部)

(轉載大紀元)