【脱党支援センター麻倉静香訳2019年1月31日】

香港の抗議は止まることなく続いている、“中国共産党を滅ぼせ”は象徴的な言葉となった。台湾の800万人が「一国二制度」を拒絶し、中国本土の人々は真実、自由、腐敗した役人を憎んでいる。
国際的な視点では、より多くの国で中国共産党が浸透し、科学技術、文化、メディアという衣の下に詰められた赤い産品に疑問を投げかけた。
中国共産党は豚の疫病を発生させ、また疫病をコントロールできず、公民権と安全を無視し、外国と上手く同盟を結び、相互利益を享受できるのか。
中国共産党は毒の源であり、そのプロパガンダは、無神論、党文化、そしてすべての欺瞞や嘘を含む毒素を受け入れることであり、これは治療のよい機会を誤認させるだけでなく、心の解毒のための貴重な機会を逃すだろう。
多くのネット市民は、大陸本土の同胞に解毒の秘方を送る:党を辞め、平和を守るために中国共産党を脱出せよ!
世界にとっての教訓は、中国共産党が信用できないということを知ったことだ。
新しいウイルスはアジア、オーストラリア、北米に侵入し、状況は進行中である。
さらに、中国共産党の悪意は、経済、政治、軍事、ネットワーク、広告など多くの分野に浸透している。
中国共産党は、海外のいくつかの都市で神韻の公演を妨害し、外国の観客が正統な文化と歌と踊りを鑑賞するのを妨げ、純粋で純粋な美しさの芸術を憎み、すべての人々の心の善良さと正しい信念を消し去ろうとした。
中国共産党は本質的に人類文明と敵対している。
したがって、世界は、高い見地に立って現在の変化を見るべきである:貿易戦争、犯罪人引き渡し条例、台湾の主権防衛戦、世界的な中国共産党の呼びかけに対する制裁、中国からの3つの後退の潮流などを。
これらの大きな出来事は、孤立や偶然ではなく、有機的に結びついており、中国共産党が崩壊に向う流れに収束する。
中国共産党を捨てて初めて、個人、国家、民族と世界は、希望を持てるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です